カテゴリ:旅のこと( 95 )

宮古ブルー

毎年のことながら、なんとなく気ぜわい12月。
ブログも気になりながら、
すっかり間が空いてしまいました。

宮古島へは沖縄本島から飛行機で50分。
エメラルドグリーン、コバルトブルー、
さまざまな青が混ざり重なり合う世界を
「宮古ブルー」と呼ぶんだそうです。
3日間の旅は、台風の影響で
観光本に載ってたような宮古ブルーではなかったけど
それでも雲がさっととれた間に綺麗な青を見ました。

下地島で。
飛行機の発着訓練場として使われてた下地空港の桟橋。
来春には宮古第2の空港として開業の予定で、
LCC就航が決まってるそうです。
小さな島にどうしてこんなにホテルがいるんだろ?
と不思議だったのですが、ホテルの建設ラッシュに納得です。

c0188039_20474646.jpg

東洋一のビーチで検索すると
伊良部大橋が見える「与那覇前浜ビーチ」がよく出るのですが
ガイドさんによると、こちらも負けず劣らず。
ここ数年、ぐっと観光客が増えてるそう。
c0188039_15253788.jpg

宮古島の海がきれいなのは、
「一つ目は川がないこと。
高い山がないこと。
山がなければ川が出来ない
川がなければ、雨が降っても海に泥が流れ込むことがない。
二つ目は珊瑚のおかげ。
珊瑚が光合成をし、海の中の二酸化炭素を吸収し、
酸素とミネラルを排出し海が浄化される」
簡単にいうと、そういう事なんだそうです。


伊良部島、佐和田の浜で。
透明度の高い遠浅の海が広がって、とっても美しい浜でした。



c0188039_15243564.jpg


想定外の台風に当たってしまって、3日間とにかく強風でした。
前傾姿勢にならなければ飛ばされそうだったり
そんな中で撮った写真は、髪の毛が見事に逆立って
古いけど、アトムとウランちゃん状態(笑)
でも、それも宮古らしい旅だったのかも。
いつかまた機会があれば
絶景の宮古ブルーに逢いに行けたらなって思います。

最後に
宮古島に降りる飛行機から。
何色もが重なって、一瞬の絵画を見てるようでした^^v


c0188039_15050505.jpg






by koko-ran | 2018-12-17 16:19 | 旅のこと

宮古島へ 5島めぐり

10月の終わり、宮古島の日の出は7時、
カーテンを開けると天使の梯子が降りてました。
雲の切れ間から太陽の光が漏れて
天使が降りてくるかのような。
それを天使の梯子と言うのだと、いつだったか友達のブログで知り
朝日は望めなかったけど
南の天使の梯子に会えてそれもまた嬉しの朝。

c0188039_15340825.jpg
二日目はメインの島めぐり。
宮古島は、来間島、伊良部島、下地島、池間島と橋で繋がってます。
3年前に伊良部大橋が開通してから、ぐっと観光客が増えたとか。

まずは来間大橋を渡って、来間島へ。
降水確率0%の予報にしては雲が多く、
ほんのちょっとした隙に青空が見えるというお天気で、
でもまあ仕方ないね。

c0188039_15224194.jpg

次は伊良部島へ。
伊良部大橋の絶景を楽しみにしてたのですが、
降水確率0%だったのに、雲がかかってしまって写真はパス。
う~ん、ここは残念。
晴れたと思ったら、あっと言う間に黒い雲がかかったり
台風がらみもあるだろうけど、本当に変わりやすいお天気です。

c0188039_20433638.jpg


でも伊良部島から下地島へと走る間に、
サラッサラッの砂浜や、一瞬晴れた隙に青い海も見ました。
それは最後にとっておきますね(笑)

強風と高波で心配されたクルージングは、
コースを変えて無事に出港しました。
もし出港できない場合は港に停泊したままランチを頂く、
ということだったらしいのですが
それは免れて
ピアノの生演奏を聴きながらのクルージングは、
陸からも、日常からも離れて、時間もゆっくり流れるような
ちょっと贅沢なそんな時間です。

c0188039_20505451.jpg
船を降りた後は、下地島、池間島を周ってバスはホテルへと。

この日の夕食は、沖縄料理がセッティングされてました。
ビールで乾杯♪
沖縄でビールと言えば、オリオンビール。
沖縄地方ではオリオンビールしか置いてない所が多いと聞くけど
このビールが美味しい♪

c0188039_23080872.jpg

沖縄県への旅行はこれが3回目でした。
本島へは10年くらい前、石垣が3年前、それから今回。
主人がその都度楽しみにしてるのが、オリオンビール、
こちらでも手に入らないことはないけど
沖縄料理に合ってるのか、現地で飲むとなおさら美味しい♪


c0188039_20572516.jpg

いい気分になったところで、
あともう一話。





by koko-ran | 2018-11-28 21:42 | 旅のこと

宮古島へ、ホテルにて

宮古空港で添乗員さんと出会って、到着便毎にホテルへと。
翌朝知ったことですが
九州、山口、関西、四国からも、計41名参加のツアーでした。
無事に集まれてなによりなにより。

すぐにルームキーを渡してもらって三々五々、
ベイマリーナホテル、タワー館7階から、
到着も早く、連泊だったのでゆっくりのんびり。

c0188039_15165578.jpg

高波注意報が出てたけど
サンゴ礁がバリアになって、水際はそれほどでもなく
気温の方は、22、3度。
半袖じゃちょっと寒いくらいで
10月の終わりで、こんなに涼しいのは珍しいそうです。
それでも泳ぐのを楽しみにしてた主人は
ちょっと冷たいなあと言いながらも、ひと泳ぎ。

c0188039_15173788.jpg
こちらよりも日の入りが30分程度遅くて
広いリゾート内を日暮れまで散策したり、
シャトルバスに乗って
日本で一番南で一番西にあるという温泉にも入りました♪


c0188039_22492060.jpg
台風がらみと、南の変わりやすいお天気で
到着した日も、晴れてると思ったらさっと黒い雲が出たり。

明日はメインの島めぐり、
ランチクルージングも予定されてるけど、風と波でどうなるやら。
何かしら変更もあるかもしれないけど
夕食のバイキングはとっても美味しくて
枕が代わると眠れないことも多いのですが
この日は不思議とぐっすり、
風と波で、マイナスイオンも倍増してたのかも、です^^v

c0188039_15180382.jpg


by koko-ran | 2018-11-22 20:53 | 旅のこと

宮古島へ

9月、北海道行きを取りやめてしばらくして、
やっぱりせっかく取れる休暇だからと、
今度は方向転換して、南は宮古島行きのツアー予約してました。
行程表が届いて、もうすぐだなという感じの時
10月も終わりだというのに、まさかの台風26号発生。
早めに北上するだろうという予報も、
日に日に変わって、高気圧とついてどんどん西へと。
出発の3、4日前には、八重島諸島直撃もありそうな感じ、
今年最強クラス、
5年前にフィリピンで大被害を出したのと同じ勢いだというから
催行中止になるのか、行けたとしてもかなり影響ありそう、
どうなるんだろと、ハラハラの数日でした。

c0188039_14452238.jpg
出発の二日前。
進路を少し下に向けて、勢力も少しだけど落としてたので、
風と波は高そうだけど、晴れマークが出てる、
よしっ、と準備にかかりました。

晴れて機上の人となり
福岡発、那覇空港で乗り継ぎ

c0188039_15041647.jpg
南は宮古空港へと。


c0188039_15053102.jpg
赤瓦のつくりが、南らしい。
予報どおり風は強いけど、
初めての宮古に降りて、わくわくです♪


c0188039_15060925.jpg
この日はホテル直行、つづきます。



by koko-ran | 2018-11-15 19:12 | 旅のこと

今年も久住へ 南阿蘇のひまわり

帰り道のルートは特に決めてなかったのですが
お天気がよかったので、南阿蘇を廻って帰ることに。

瀬の本高原。
やまなみハイウェイの真ん中辺にあって、
コテージを出てから阿蘇まで、ずっとこんな景色が続きます。
爽快そのもの♪

c0188039_14525882.jpg

草千里、阿蘇神社に立ち寄ったあと
阿蘇パノラマラインを通り抜けて南阿蘇へ。
南阿蘇への目当てのひとつが、一心行公園のひまわり畑でした。
3万本と数はあまり多くないのですが
背の低いひまわりがちょうど見ごろを迎えてて
阿蘇五岳をバックに、絶好のロケーション♪

c0188039_15073651.jpg

元気なひまわりを見ると、
何事もなかったように思えるけれど
南阿蘇は熊本地震の中でも被害が大きかった所です。
昨年は道路状況もよくなかったし
躊躇もあって近寄れなかった南阿蘇でしたが
一年半近くたって、道路状況もかなりよくなってました。
おかげで大好きな阿蘇久住を満喫することができたのですが
ここまで来るのに、
どれほどの人の我慢や苦労があったことでしょう。

台風被害に
北海道で大きな地震があったばかり。
当事者の身にならなければ
何ひとつ分からないだろうけど
被災された方々の安心と、一日も早い復興を祈るばかりです。


c0188039_12011123.jpg

実は来月の終わり頃、北海道旅行に行く予定でした。
何か月も前から予約して
初めての北海道を楽しみにしてたのですが
震源地に近いところを周るツアーだったので
影響もまだあろうかと今回は見送ることになりました。
でもいつか、あまり遠くならないうちに
憧れの北海道に行ってみたいと思ってます。

久住シリーズ、これでお終いです。


by koko-ran | 2018-09-16 20:10 | 旅のこと

今年も久住へ コテージの朝

翌朝はすっきり晴れてこの青空でした。

c0188039_14445890.jpg

木の温もりが嬉しい建物は
天空の丘に溶け込むようにデザインされて
それになんと言ってもこの景色。
見渡す限りの大自然に囲まれて、
食事も朝湯もこの景色を見ながらゆっくりと、贅沢とはこのこと♪

南は遠くに阿蘇五岳を望んで、

c0188039_14495665.jpg

振り向くと北側には久住連山が望めて
青と緑のコントラストが美しい、
360度のマンウテンビュー
阿蘇久住の中でも、ここの景色は格別です。

c0188039_14453491.jpg
超のろのろドライブですが、続きます。




by koko-ran | 2018-09-13 16:55 | 旅のこと

今年も久住へ コテージにて

この夏の戦った感の暑さと
夏休み後半の帰省が終わって、少しポカンとしてました。
しりきれトンボになりがちな旅の話も
間が合いてしまったけど
夏休みの宿題をやり残した気分なので
下書きに入れてたものからアップしていきますね。

泊まりは昨年と同じ「久住高原コテージ」でした。
楽しみにしてた満天の星を見上げることは出来なかったけど
併設されてるキャンプ場で、たまたま
自動車会社のキャンペーンで野外ステージが設営されてました。
チェックインした時に
「今日は騒々しいかもしれません
ご迷惑かけて申し訳ありません」と聞いた時には
はあ、今日に限って…と思ったのですが、
覗いてみると、これがなんと楽しかった♪
生バンドの演奏と女性二人のボーカルに合わせて
70年代、80年代の曲に自然と体が動きます。
最後はYMCAを全員で踊って大盛り上がり♪
標高700メートル、
温泉とご馳走、
星空の代わりのサプライズのようなコンサートで満喫です^^v


c0188039_15202182.jpg


by koko-ran | 2018-09-03 16:46 | 旅のこと

今年も久住へ 菊池渓谷

鍋ケ滝を出てから
一度は行ってみたいと思ってた、熊本県の菊池市にある菊池渓谷へ。
2年前の熊本地震で立ち入りが禁止されてたのですが
この春から入谷出来るようになって
撮影スポットしても人気なところです。
家族連れはもちろん、またカメラを持った人も多く
ここでもシャトルバスのお世話になりました。


c0188039_23121869.jpg
遊歩道をゆっくり歩いて一時間。
街中よりは断然涼しいし、川辺に降りるとひんやりするのですが
遊歩道はけっこうアップダウンがあって、
涼しい顔して歩く主人の後ろを
ふうふうとついてく羽目になりました。
主人曰く、汗の質が違うんだと。
普段から運動してるといい汗をかく。
気化熱がどうのこうので、
効率のいい汗をかくと、
湯上りのようになる私みたいにはならないんだそう(笑)
主人説、ホントかどうか分からないけど。

c0188039_23110145.jpg
新緑や紅葉の時期は一段と綺麗だそうだけど
夏の木々の緑は力強くて、パワーいっぱい。
質はどうあれ(笑)森林浴は気持ちのいいものです^^v




by koko-ran | 2018-08-17 22:17 | 旅のこと

今年も久住へ

暑いと言うのが怖いくらいの暑い夏。
今年の夏休みも、
前半と後半の長女の帰省に合わせてお盆はそれぞれで、
お盆といっても主人は休みじゃないので
8月初め、予定の切れ目に今年も久住に行ってきました。

昨年見た満天の星を楽しみにしてたのですが
午後から雲が出てしまって、叶わなかったのが残念。
でも暑い暑い夏に、ちょっとだけ涼しい思いをしてきました。


c0188039_11514778.jpg
出発の前に日に、昨年の写真をたどろうとPCを覗いたら
なぜか久住の写真だけ残ってないのです。
あれあれ?と
過去2回、
PCの不調で写真データーをそっくり失くしてから
最近は半年に一度ほど、
外付けハードとCDに落としてるので
いやいや大丈夫、
そちらには残ってるからと開いてみても、
そこだけない。
どうしてそこだけないのか分からないし
好きな写真もあったので、ショックだったのですが
何かで消してしまったのでしょうね。
気を取り直して..
昨年とは違ったルートで久住へ、出発です^^v

行った見た、順番にアップしていきますね。




by koko-ran | 2018-08-13 14:25 | 旅のこと

夢の国へ ホテルにて

夢覚めやらぬうちにと始めた旅のこと
すっかり間が合いてしまったのですが、最後にもう一話。

c0188039_15072864.jpg
地方からだとそう何度も行ける場所ではないので
初デズニーが最初で最後になるかもと
宿泊日の5か月前
オンライン予約開始時間と同時にディズニーランドホテルを予約してました。

思いっきり奮発して
コンシェルジュ スーペリアアルコーヴルーム、8階パークグランドビュー。
パークが真正面に見える部屋で
8階に7部屋あるうち、どの部屋になるかは当日のお楽しみ。

c0188039_11220578.jpg
で、通されたのは中央のひとつ左隣、8405。
ど真ん中の部屋ではシンデレラ城が
リゾートラインの屋根と重なってしまって見えずらいとの情報もあり
両端の部屋よりもテラスが広いのが8405
遠目だけどシンデレラ城もきれいに見えて
ジャストもジャスト願い通りの部屋でした。

c0188039_11083898.jpg
少し引っ込んでる分だけパークは遠くに見えるのですが
両側の建物も景色のひとつになってて
夜になると、ライトアップされて一段と綺麗
ここから見る冬の花火はことさらに綺麗で

c0188039_11100670.jpg
内装も可愛すぎず、どこを見ても美しい
夢の続きを見てるようで
ランドとシー、同じくらいホテル内で楽しみました。

c0188039_11032680.jpg

朝食付きだったので
冷え込みを避けて朝もゆっくり

c0188039_11184810.jpg

コンチェルジェ専用ラウンジにはドリンクやちょっとしたお菓子
夕方からはアルコールも無料、
これこそ夢のよう(笑)

c0188039_16441145.jpg
最終日、目の前のランドとホテルを行ったりきたりして
お昼ご飯も部屋で気ままに
思い残すことなく、チェックアウトぎりぎりまで満喫しました。

c0188039_14005538.jpg

この旅、前半からずっとお天気に恵まれ
いくつかのラッキーなことも重なって
もちろん昨年のキーワードだった「楽しいね」で終わりました。
二か月以上経って、すっかり夢からは覚めてるのですが
またいつか、こんな旅が出来たら素敵だなって思います。


c0188039_11225918.jpg
旅の話はこれでお終いです
最後まで読んで下さってありがとうございました。



by koko-ran | 2018-02-19 19:42 | 旅のこと