別府の夜

実はこの旅、出掛けたかっただけのかこつけかもだけど、ある記念旅行でした。
なんせ、女は記念日で生きてる(笑)
もっと時間が取れれば、行きたい所はあったけど
何かと忙しくて、今はこの旅が精いっぱい。
宿のラウンジから別府の夜景を眺め、グラスを合わせてチンと乾杯♪

c0188039_22247100.jpg


10月17日、今日は30回目の結婚記念日です^^v


今日の日にこの記事をアップしたくて、前半突っ走ってしまいました。
まだ旅途中、後半に入る前のCMってことで^^
by koko-ran | 2012-10-17 22:50 | ありがとうのこと | Comments(12)
Commented by さら子 at 2012-10-18 07:12 x
おめでとう〜♪
真珠婚ね。
めざせルビー、ダイアモンドだけど、真珠婚ってなんだかすてき。
あとを追いかけるよ〜^^
Commented by shinn-lily at 2012-10-18 08:49
結婚記念日おめでとうございます。
素敵なお祝いができましたね。

3年前の私の別府のひとり旅と全く同じ時期だったので
感慨深く記事を見させていただきました。
睡蓮も咲いていました。
プリンは召し上がりましたか。
私はあまりに美味しくて、滞在中3回も食べてしまいましたけど。。。

Commented by at 2012-10-18 08:50 x
まあ、30周年!
おめでとうございます。

それで、真珠の糸替えを・・・・?なんてことはないですよね。
鶴には、あとを追いかける気力と勇気はないかも?
Commented by Sora at 2012-10-18 22:05 x
あら、そうだったんですね。
それはおめでたい。^^v
おめでとうございました。
記念の旅はどこもいいところですね〜。
Commented by koko-ran at 2012-10-18 22:13
さら子さん。
ありがと~♪
そうそう真珠婚って言うんだったね。
結婚したころ、30年後の私達は想像も出来なかったけど、
なんとかやってこれたから、
もしかしたらダイアモンドも夢じゃないかと(笑)
追いかけつづけて~^^


Commented by koko-ran at 2012-10-18 22:22
りりーさん。
ありがとう♪

行かれたことがあるのですね^^
湯けむりの街の一人旅、ゆったりとしていい旅だったことでしょう。
同時期だったなんて、大睡蓮見事だったでしょう~
もちろん温泉プリンも食べましたよ^^
でも、一個しか食べてないので負けた気分です(笑)

感慨深いという嬉しいコメに気を良くして、後半も別府の景色から始めます♪
Commented by koko-ran at 2012-10-18 22:25
鶴さん。
ありがとう♪

ハイ、なことはないです。
知ってたら、もっとかこつけた記事が書けてたことでしょう(笑)
体力があれば大丈夫、ふりしぼってついてきて♪
Commented by koko-ran at 2012-10-18 22:31
そらさん。
ありがとう♪
山あり谷あり30年、でも過ぎてみれば早いもので、
供に白髪になってしまいました(笑)
ダイアモンドまで毎年記念の旅が出来たら、幸せかな^^
そらさんちを追っかけるよ~♪
Commented by さつき at 2012-10-20 21:09 x
真珠婚 おめでとぉ〜!!
湯布院 数年前行きましたよ (o^-^o)
写真 懐かしく見せてもらいました。
Commented by koko-ran at 2012-10-21 22:07
さつきさん。
半年違いの真珠婚、ありがと♪
湯布院行ったんだ~
別府から入ったのかな?
後編も写真ばっか、ヨロシクです^^v
Commented by tasogare78 at 2012-10-22 21:17
真珠婚 おめでとう ございます
〇年前 通ったような・・・真珠でしたか

・・・・湯布院・・・一人旅思い出して・・・うふふ・・・
良かったでしょ 最高だったよね

別府温泉・・・〇十年前 小学校か中学校の修学旅行で行きましたよ
  血の池地獄?・・青?地獄・・・いっぱいあった記憶が・・・
・・・心地よい 思い出に浸ってます・・・
Commented by koko-ran at 2012-10-23 22:19
たそがれ桜さん。
ありがと♪
30年が真珠、40年でルビー、50年が金で、60年がダイヤ、めざせダイヤモンドです♪

湯布院、いいところですよね~
由布岳を眺めながらのんびり散策しました。
一人旅の絶景の露天風呂はどこの宿だったのかなとか、
あの雑貨やさんはどこだったんだろうとか、
たそがれさんの記事思い出してましたよ^^

遅れてる続編も別府から始まる予定、乞うご期待なんちゃって。
名前
URL
削除用パスワード
<< 湯けむりの街 別府へ >>