小雀 ちゅん。

♪~ひよこがね お庭で ぴょこぴょこ かくれんぼ
どんなに上手に かくれても~♪

ある日の夕方、庭に水をまいてると
ひよこじゃなくて、花壇のすみっこで雀がちょんちょんしてました。
それにかくれんぼじゃないらしい。
バタバタと羽ばたきはするけど、50㎝位しか浮き上がれなくて
困ったなぁとでも思ってる様子です。
ツバメなら巣から落ちたりする事はあるだろうけど、雀だしなあ...

見上げると親鳥らしい2羽の雀が、ちゅんちゅん、ぢゅんぢゅん!
心配そうに飛び回ってるのですが、どう見ても小雀を助けられそうにない。(--,)
日も暮れてしまうし、このままじゃ朝になるまでに死んでしまいそう...
時々のらちゃんも見かけるので格好のおもちゃになりそうだし...

c0188039_10554422.jpg


親鳥と引き離すのは、可愛そうだったけど、
迷ったあげくに、飛べるようになるまで家で育ててみる事になり
以前、ハムスターを飼っていた時に使っていた籠に
止まり木らしいものを付けて、鳥かごに仕立てて、「保護」。
ちゅん太かちゅん子か分らないので、名前は「ちゅん」。
「ちゅん」はとっても不安そうで...籠の隅っこでいかにも淋しそう。 (*´ρ`*)
スポイドで水をやっても、ギュッと口を一文字にしたまま
卵の黄身を練ったえさや、買ってきた鳥のえさも、ギュッと口を結んだまま。(--,)

c0188039_10561446.jpg


でも次第に慣れてきたのか、隅っこからは脱して簡易止まり木に止まってみたり
飛ぶ練習をしてみたり、たまには「チュン」と鳴いてみたり。^^
親すずめは、「チチチチ、チュン。ジュクジュク、チュンチュン。」って上手に鳴くけど
ちっちゃいので上手く鳴けなくて、
チュン。!チュン。! 単発で、それも一生懸命。(^^)

夜中に何かあったらどうしようかと思ったけど、
次の朝も、元気よく「ちゅん、ちゅん。」って鳴いてました。^^v
戸を開けてしばらくすると、外からやけに鳥の泣き声が聞こえる。
それも「ちゅん」の鳥かごを置いた勝手口の方から。
普通はそんな所に鳥は来ないのにおかしいなぁと思って外に目をやると...
ブロック塀に二羽のすずめが止まって「ちゅん」に向かってないてる。!
「ちゅん」も、本当に一生懸命、「チュン!チュン!」 応えます。

鳥は普通人間の手にかかった子供は見放してしまうんだよと聞いていたけど
「ちゅん」のお父さんとお母さんは諦め切れなかったんだ。!
これじゃあ「保護」したつもりが「拉致」だよ。(--,)

c0188039_1056385.jpg


「ちゅん」はまだ上手に飛べないけれど、拉致したままじゃ可哀想だし...
籠のふたを開けると嬉しそうにぴょんと出て行き
ちょん、ちょん、と跳ねるように歩きながら親鳥の後をついてたどり着いたのは
昨晩発見した花壇の端っこ。そこが安全だと思ったのでしょうか。

それから丸一日半、幅3メートルの花壇を行ったりきたり。
雨が降れば、アイビーの葉っぱの下にもぐり込み
静かに見守ってれば、親鳥が花壇におりて一緒に遊んだり
口ばしと口ばしを合わせて、餌をやってる様子はとっても微笑ましく
それになんと「ちゅん」の嬉しそうな事。^^v

籠の中の方がはるかに安全なのに
どんな環境の中でも、親子の愛は何にも変えられないって事。
自然のものは自然の中で生きていく術を持ってる事、そうだよね。^^v

c0188039_10565651.jpg


放してから一日半たった昼下がり
お昼ご飯を食べてごろんとしたその後、
花壇に目を向けたら「ちゅん」の姿が消えてました。
あれほど家の周りで鳴いていた親鳥の姿も消えて...
「ちゅん」、きっとお父さんとお母さんと一緒に飛んで行ったんだよね。

嬉しいけど淋しい。淋しいけど嬉しい。^^v
可愛かったな~、「ちゅん」。…♥ ♥ ♥
また遊びにおいでね。
by koko-ran | 2009-09-08 11:05 | 日々のこと | Comments(18)
Commented by まる子 at 2009-09-08 12:43 x
よかった〜。
不思議と雀の巣というのは見た事がありませんよね。
どのように育つのかも良くわからない。
でも、すずめにも親子関係があるらしいことがこれでわかりましたね。なんともほほえましい。♥
kokoさんかあさん お疲れ様でした。^^v
Commented by pegion at 2009-09-08 17:06
いいことしましたね。
親子関係ですね。
kokoさんお疲れ様でした。
Commented by fruitbox-55 at 2009-09-08 21:21
ちゅん!可愛いね~元気でね。
雀のお宿へ招待状が届くかも~^^

小さいつづらを選ぶんですよ(笑)
Commented by takisann2000 at 2009-09-08 23:00
心温まるお話をありがとう。

巣から落ちた鳥は育たないって良く聞きますが、ちゅん はパパとママに見守られて飛べるようになったのでしょう。
拉致・監禁しなくて良かったね。
Commented by koko-ran at 2009-09-09 11:48
まるこさん。
ツバメの巣はよく見かけるけど、どっからどうやって来たのか不思議じゃろ。
見渡してもそれらしきものはなくて、巣にもどす事もできなかったので
おっかなびっくりながら、保護したんだけど...拉致、監禁状態。^^;

親鳥がお迎えに来てくれて、めでたしめでたし。^^v
Commented by koko-ran at 2009-09-09 11:53
pegionさん。
「ちゅん」にとっては、余計なお世話だったかも。^^;
pegionさんだったら、鳩が好きだって言われてたし
もうちょっといい対処が出来たでしょうね。
とにかく...無事でよかった。^^v
Commented by koko-ran at 2009-09-09 11:59
fruitboxさん。
初めは鳥にさわるのも、ひぇ~って感じだったんだけど
小さくて、可愛いかった~。♪
へっ。?
ここばあさんは、忠告にもめげず、大きなつづらを選んでしまい
自爆しましたとさ。(= ̄  ̄=) Z
Commented by koko-ran at 2009-09-09 12:11
takisannさん。
そう聞きますよねぇ。育児放棄する鳥もいるらしいし。ww
飛べるようになっても、一人で生きていかなくちゃいけないのか...
と、心が痛みましたが、結果よかったです。^^v

娘の保育園の園長先生が動物に詳しいので、連れて行こうかと話してたのが聞こえたんでしょうか。
拉致、監禁の次に誘拐までするとこでした。^^w
Commented by hokkori-hime at 2009-09-09 21:04
kokoさ~ん^^
親鳥の気分でしたね~
そうそう、すずめは巣というよりも、お宿なんですよね~
家の近くにもすずめのお宿の竹やぶがあったけど、造成等でなくなっちゃった><
鳥もさまざま・・・・そばを離れず見守るすずめの親鳥。
よその巣にタク卵する鳥・・・・人間様にも言えることかな・・・・www
Commented by toqqum at 2009-09-09 22:38
無事に育ってくれるといいですね~。
鳩とカラスは嫌いだけど、雀はかわいい♪
Commented by kisaragi87 at 2009-09-10 07:38
なんて愛らしい^^
ちゅんちゃんと、親鳥のつながり、
そしてそれを気をもみながら見つめるkokoさん。
なんだか胸がちゅん、じゃなくて、きゅんとしちゃった。
一緒に元気に飛び立ってくれたんですね、
よかったよかった^^
Commented by koko-ran at 2009-09-10 14:06
ほっこりさん。
そっか、すずめはお宿なんだ。^^
そういえば、うちの近くに雑木林があるから、そこ覗いたらあるかもしれん。
ご馳走どうぞ~なんて招待ないかしらん。いやないな。^^w

鳥はじゃまになると、巣から落とされたりするって言うよねぇ。
人でも近頃はネグレクトなんて言葉もあるし・・・
偉そうなことは言えないね。(--,)
Commented by koko-ran at 2009-09-10 14:10
とっくん。
まだまだ子どもで、小さくてね、口ばしも黄色くて。
手のひらの中で、じ~っとしてて、可愛かったですよ~。
固まってたのかもしれないけど。^^;

からす・・・どうしてあんなに増えるんでしょうか。ww
からすの勝手でしょ。 ←面白くないな。(--,)
Commented by koko-ran at 2009-09-10 14:22
きさらぎさん。
怪我はしてなかったので、時間が経てば飛べるだろうと
えさのやり方も全くわからないのに、とりあえず連れて帰ってしまって。^^;
家の中で雀が鳴いたのは、生まれてはじめて。(笑)
でも可愛くてね~。
今でもどっからか「チュン」って聞こえると、胸が「ちゅん」ってします。^^v
心配したけど、親子またちゅんと一緒になれてよかったよかった。^^v
Commented by qcdstring at 2009-09-12 00:01
ここちゃん~不思議な経験だったんですね。~すごい~
それに、よかったんです。雀は鳥の中でも、警戒心が強い鳥だと知ってます。それだから、親鳥ももっと、心配したかもね。でも、後は分かったかもしれませんね。ここちゃんの心を~~
チュンも優しいここちゃんに会って、すごくよかったんです。
チャンがあのきれいな空を楽しく飛んで、生きてほしいんです。
^^*
Commented by flower-hiro18 at 2009-09-12 20:17
素敵な時間でしたね♪
ちゅんも優しい人に助けられて幸せでした。
言葉は分からないけど、
「チュン、チュン・・・」=「お父さん、お母さん!」
って鳴いていたんだろうなぁ~。いいお話ありがとう
ございます。僕も今、一所懸命娘に「お父さんよ、お父さんよ」
と呼び続けています。いつの日か「お父さん!」って
呼んでくれる日を待ち続けて。あ~親ばかです。
Commented by koko-ran at 2009-09-12 22:19
よんちゃん。
えっ? 雀は警戒心が強いん?
そうかも...鳩はカラスは近寄っても、なかなか逃げないけど
雀を近くで見ることってあまりないもんね。
ちゅんの親鳥はどんなに心配したかと。^^w
食べなくちゃ飛べないよ、っていろいろ餌をやってみたけど、
不安だったのかなぁ、全然食べてくれなくて...
お迎えがきてくれて、ホントによかった。(^^)

今でも空を見上げると、ちゅんを捜してしまう私です。
きっと元気でいてくれると。^^v
Commented by koko-ran at 2009-09-12 22:29
ひろさん。
生き物から教わる事って、多いですよね。
助けたのやら、どうやらこうやら、やらやらですが。m(__)m
そうだあ。父さん母さんって、鳴いてたんだあ。
親鳥とちゅんが交互に鳴いててね、とにかく放してやらないと可愛そうで。

ひろさんの親バカぶり、久しぶりに聞けて嬉しいな~。^^v
お父さんって呼ぶの難しいから、
きっと第一声は、「とーたん」とか「たーたん」よ。♡
名前
URL
削除用パスワード
<< おくに言葉 母つれづれ >>