マルベージャ号

春待ちだった旅行は主人と二人で長崎に行ってきました。
上の娘が大学を卒業するのと、下の娘が短大を卒業するのは同時だったので、
ぞれぞれが就職してからは、なかなか4人のスケジュールを合わせるのが難しくて..

娘達が一緒の頃はもっぱらテーマパーク専門だったので、かなり見所を外している我が家。
そんなこんなで長崎市内と「軍艦島」を見に行ってきました。
出掛ける日は、ちょうど下の娘が勤める保育園の卒園式と重なったので、
せめて朝くらいは見送ってからと思い、長崎に着いたのはお昼前でした。
午後の便の船の時間まで、中華街でちゃんぽんやらやら~~。おいしかった~^^v

クルーズは長崎港から「軍艦島」をぐるっと一回り、2時間弱のコース。
「マルベージャ号」 しゃれた名前ですが、ただの観光船です。^^;;
c0188039_2275733.jpg

予約を入れておいたし、お天気が気になっていたのですが...
雨女の予感はありがたくも外れて、連休の真ん中だけはまずまずのお天気でした。(^^)

長崎港から船に乗り、40分くらいすると「軍艦島」が見えてきます。

c0188039_2283339.jpg

「端島」、通称「軍艦島」は海底炭鉱として日本の近代化を支えてきた島で、
明治23年に三菱が炭鉱の経営に着手。
島の瀬の埋め立てを繰り返して、今の島の形が出来上がり、
軍艦のように見えることからこの名前で呼ばれる様になったそうです。
昭和35年の最盛期には、人口密度が東京都の9倍。5000人の方が生活をされていたとか。
閉山を迎えた昭和49年をさかいに、この島には巨大な廃墟だけが残ってます。

c0188039_2291721.jpg

中央左の白っぽい7階建てが学校のあとです。
島の中には大正5年建築の日本最初の高層鉄筋アパートもあるとか。

c0188039_22101021.jpg

炭鉱の島には病院は欠かせなかったらしく、これは大病院のあと。
他には、住居、作業場が隙間を埋め尽くすように建っています。
廃墟となって海に浮かんでいる姿は、聞いていたとおり不気味でもあり、異様でもあるのですが...

c0188039_22112751.jpg

時代の流れとはいっても、ここでの生活が人生であっただろうし、捨てて行かなくてはならなかった方々を思うと、ただの異様さとも違う想いもありました。

c0188039_2212486.jpg

そんな軍艦島を後にして。
この日は結構うねりがあって、島を見るまではデッキで風としぶきに耐えていたけど、
下の座席に下りたらホッカリしちゃって。
中華街でお腹いっぱいの身体にはちょうどよいうねりで、ウトウトしいしい...
頭の中は夢の遊乱船~。^^z
by koko-ran | 2009-03-30 22:21 | 旅のこと | Comments(16)
Commented by marcella10 at 2009-03-31 14:30
へえ〜、テレビでみたことがあったかもしれないけれど、人口密度がすごかったんですね〜。
どんなふうに暮らしていたのでしょう..
こうして人がいなくなった建物というのは(島)ものがなしいですね。
まだ、そちらも寒いですか?船の上は寒くてもデッキにでたくなりますね。
Commented by koko-ran at 2009-03-31 14:59
まるこさん。
周囲が1.2キロMの島に5000人って、ちょっと考えられませんよねー。
建物と建物は渡り廊下でつながっているそうです。
賑やかだったろうな、と思うと、哀しさもありますね。

こちらもちょっと花冷えです。(--,)
出掛けた頃のほうがあったかでした。
ETC混雑もなくてよかった~~。(^^)
Commented by chirumegu at 2009-03-31 16:37
なんか、人間が生んだ悲しみのかけらじゃね(-公-、)
多くの生き物や、海を犠牲にして埋め立てて、そして残ったものは、廃虚ばかりなりけり。。
でも、そんないっぱいの犠牲の昔があって今があるんだと思わずにはいられないね。
私たちが1日を大切に生きていくことが、犠牲になったものたちへの責任じゃね。^^v
Commented by kisaragi87 at 2009-03-31 18:55
ここね、ずっと以前から惹かれていて
いつか行ってみたいところのひとつなんですよ。
遠くからみると、ほんとうに軍艦みたい。
一時は、人がにぎやかに往来し、活気もあったのでしょうね。
鉄筋高層アパート、すごいなあ。
北海道や、九州の炭鉱もさびれていったし、
時代の流れとはいえ、切ないようなやるせないようなね。

夢の遊覧船、いい夢みましたか^^
長崎も大好きな町です、私もゆっくり歩いてみたいな♪


Commented by koko-ran at 2009-04-01 11:22
ちるへ。
そうじゃね。廃墟があるってことは、見えてるものだけじゃなくて、目に見えないものまでも、失ったり犠牲にしたり。
そんな昔があって生かされているんよね。

ここを訪れるまでは、この島のことを忘れてほしくないから残してあるのかな、位にしか思ってなかったけど...
もっといろんな意味があることなんだなーって思うわ。
行ってみてよかったよ。
時々忘れそうになるけど、1日を大切に生きるって大事なことです。^^w
Commented by koko-ran at 2009-04-01 11:37
きさらぎさん。
海にぽっかり、島のあとかたも見られない物体は本当に軍艦みたい。
小中学校、娯楽施設、映画館まであったというから、子ども達の歓声がこだましていたんでしょうね。
間近でみると声が聞こえてきそうな感じがして、
それだけに、去っていった方々の気持ちが伝わってきます。

乱れ夢を見たあとは、グラバー邸に行ったけど、準備不足でカメラの充電ランプがチカチカしてね。 ちょっと気もそぞろでした。;;
長崎の町は異国情緒があって。^^v
私も大好きです。♪
Commented by hokkori-hime at 2009-04-01 12:02
こんにちは^^
軍艦島・・・・映画のザロックを思い出しました。
そうそう、廃墟ねぇ~炭鉱住宅だったばあちゃん家を思い出しますね。
一続きの長屋に、暮れに帰ると大掃除の手伝い、餅つき・・・・
楽しかったなぁ~~

長崎は~雨じゃなくって良かったね^^
Commented by koko-ran at 2009-04-01 22:14
ほっこりさん。
ザロック。 映画はさっぱりで、観てないとよ~。(--,)
それでも映画のワンシーンが浮かぶようなところでした。
おばあちゃん家、炭鉱住宅だったんだ。
昭和30年、40年代までは長屋がたちならんだ風景もめずらしくはなかったよね。 自然に人が集まってほっとできる場所でもあっただろし。
今にはない楽しみがたくさんあった時代です。^^

この日はちょうど晴れてくれてよかったけどね、
「長崎は~次の日は、雨だった~」 また歌ちゃった。^^v
Commented by flower-hiro18 at 2009-04-03 15:58
う~、歴史を感じます。でもやはりせつない
気持ちになりますね。学校も病院もある、一つの
街がなくなるなんて・・・。信じがたい光景ですね。
でも今の日本を支えてきた象徴でもありますものね。
時間を作って是非行ってみます。
Commented at 2009-04-03 17:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fruitbox-55 at 2009-04-03 21:25
軍艦島って ほんとうに軍艦にみえますぅ
時のかけらを貼り付けたハウルの城みたいですね。
動かないけど^^;
Commented by koko-ran at 2009-04-03 22:26
ひろさん。
一世紀近くの歴史に幕をおろすということは、こういう事なんだとおもいました。
からっぽの建物が物言うかのよう、発展のおおきな足跡です。
取り潰されているところがほとんどなのでしょうが、今の生活があるのもこの時代があってこそなんですよね。

この4月から軍艦島上陸ツアーに向けても整備がされていくようです。
機会があれば、ぜひ足を運んで見てくださいね。^^v
Commented by koko-ran at 2009-04-03 22:31
鍵コメ2009-04-03 17:42さんへ。
いろいろ...了解です。
凝りねーやつでした。^^w
Commented by koko-ran at 2009-04-03 22:40
fruitboxさん。
動きそうで動かない。不思議な物体です。
ハウルの城もかなり不思議だけどね。^^
お城のほうがロマンがあっていいかもしれないわ~。
Commented by qcdstring at 2009-04-05 20:09
新いこと教えてありがとうございます。~~*^^*旅行ですね。うらやましいかきりです。~~*。*それに、あの島、寂しいですね。人から建てられ、人から捨てられ。。なんの理由があったかな。そんなに人がすんでいたのに、そこまでなくなるのも不思議ですね。あの島に入れないんですか。禁止?うぁ~~わかりたいんですね。どんなことでが人は島を出たんですかな。。。^^

凄く凄く楽しい春を過ごすように~~~~
Commented by koko-ran at 2009-04-05 20:44
よんちゃん。
この島はね、海底から石炭を掘っていた島です。
エネルギー源が石炭から石油に変わっていって、ここの島には仕事がなくなったんよ。
人が建て、人から捨てられ。。 人のわがままの塊かも。(--,)
今は石油に他に、原子力にも頼っている日本だけど、必要以上に便利になるのはどうかと思うけど、一分でも停電したら、大騒ぎする私。(´_`。)

島に入る整備は始まっているから、もうすぐ上陸できるらしいけど、
人数の制限があるみたいでっす。!

怪我の具合はどんな? 
よくなったらしっかり春を楽しんでね~~。
名前
URL
削除用パスワード
<< 100点満点の夜景 はじめの一歩 >>