田舎脱出

特別ほしい物がある訳ではないけれど、時々無性にデパートが恋しくなり...
北九州市の小倉に行ってきました。(こくらです。 おぐらじゃなくて。)
関門海峡を越えると、すぐそこが福岡県北九州市です。ここから車で一時間ちょっと。

デパートの川向こうには、小倉城なんかもあって、暖かくなると多くの人が行きかうのですが、さすがに寒いと見えて、人影もまばらでした。
c0188039_15235880.jpg

市内の中心を流れる 「紫川」。 一組のカップルも見当たらず...
c0188039_15392745.jpg

お昼を主人と済ませ、あとは自由行動。♪
久し振りのデパートなので、上から下までひととおり見たいし。♪
家庭用品、見るの大好き。それから洋服、小物類、最後はやっぱり「デパ地下」。
ここが一番の人ごみで、人影からショウケースをのぞきこみ。 見るだけ~。^^v
あれこれみる中で、主人が好きなケーキを買って、待ち合わせの場所へ。
c0188039_15373872.jpg

お花屋さんの前、でと、決めた訳じゃなくて、たまたまお花屋さんがあって^^。
仕事帰りのサラリーマンが、奥様に... が似合いそうなお花屋さん。♪

田舎もいいけど、たまには刺激がないとねー。
春の洋服もちょっとふんぱつして買っちゃったし、お財布もちょっと軽くはなったけど、気分はスッキリ!
捜す時には、なかなか見つからないのが常なんだけど、今日の買い物で一番うれしかったのがこれで。
c0188039_15421719.jpg

超お買い得。絵変わりの5枚組の大きめの小鉢(?)です。
煮物はもちろん、揚げ物も似合いそう。マンネリの料理も少しはおいしく見えるかしらん?
と、箱から出してたら、主人が「なんかー。模様がバラバラじゃ。 じゃけ、安かったんか」 と。
まったくー。 ちょっと、微笑み返しが出来ず... ε=( ̄。 ̄;)
でも、ケーキはちゃんと食べました。 同じ部屋で。違う時間に。(笑)
[PR]
# by koko-ran | 2009-02-08 14:29 | 日々のこと | Comments(22)

ここの夕焼け

毎日、夕食の下ごしらえを済ませると、散歩に出掛けてます。
運動不足をちょっとだけ解消するため、「ウオーキング」と言いたいとこだけど... どうみても散歩にしか見えないらしく、「あっ、お散歩ですか!」 って、声をかけられたり^^。
3日坊主は得意だけど、今回は2ヶ月以上続いてる。♪ 
散歩コースはいくつかあるけど、大抵、玄関を出て、足の向くまま。
まっ、どこを歩いても田舎なんだけど、そのなかでも田舎っぽさを味わいたい日は、川沿のコース。
天気のいい日の夕方は、
c0188039_22212278.jpg

川も夕日に照らされて、
c0188039_22222194.jpg

空も、流れるように、色は変わってゆき、きれい。。。
c0188039_22224461.jpg

「住めば都」 とは言うものの、なんの刺激のない町が、なんだかねー。
と、思う事が多かったんですが...
歩いていると、今まで見えてなかったものが、新鮮に見えてきます。
ちるも書いてたね。「三原百景」で^^。
「なんでもないことが、おもしろく..」って。

東京タワーの似合う空に憧れはあるけれど、
ここも、見上げてみると...「あぁ、ここも悪くはないなー」 と、想えてきます。 
[PR]
# by koko-ran | 2009-02-01 20:40 | 日々のこと | Comments(12)

お湯が出~ん!!

今朝はこの冬一番の大雪でした。 こんなに積もったのは久し振り。♪
c0188039_914024.jpg

つい先日の事。夕食の支度をしていると、ん? お湯の出が悪い。
お風呂の湯張りもいつもの倍以上かかる。
おまけにシャワーが突然、水になったり。
おかしい、おかしい、えーっ?この寒いときに壊れたー??
明日はガス屋さんに連絡しなきゃ。(´_`。)

ガス屋さんは道路を挟んで向かい側。10メートル位なので、すぐ着く。
お兄さん(?)がすぐ来てくれて、勝手口に廻ってみたら、
「あっ、水が漏れてますねぇー」
「え゛ーっ!!」 
「修理が出来そうならしますから」と、見ることしばし。
修理もいいけど、寿命も近いらしい.。..この際、電気温水器にかえみたらー、なんてことをそばでがちゃがちゃ言ってみると。
「いやー、ここだけの話なんですが、買い替えちゃったら、○○のお値段でしますから」
「そんなんでいいんですか!?」
「いいんです。目の前のお宅がオール電化にでもされたら、<せつない>んです。」
そんなー、せつないだけで??
が、その、<せつない>という言葉に妙にうけてしまい、
「じゃ、それでお願いします!!」 と、即断。^^v
夕方までに何とかお湯がでるらしい。C=(^◇^ ; ホッ!

一日中、冷たい水で家事をしていると、母の事を考えていました。
確か高校生のころでした。台所に給湯器が付いたのは。
それまでは片付けを手伝おうとすると、母は、
「いいから、いいから、冷たいから」 と、自分でするんです。
手はパンパンであかぎれていたのに。冷たいとか文句も言わずに。
朝、顔を洗うのに、「冷たかろ」とやかんでお湯を用意してくれたっけ...

今は姉夫婦と同居して、整ったキッチンで家事を引き受けている母。
今頃もごそごそ支度をしてるだろうなー。

そんな事を考えながら、夕食の支度が終わった頃。
ガス屋のお兄さんが、「終わりましたー!」
「お風呂のリモコンは明日になるけど、何とかお風呂にも入る事ができますよ~。」

ほっかり、ほっこり^^。  (*´ρ`*)ホワワーン
[PR]
# by koko-ran | 2009-01-25 09:05 | 日々のこと | Comments(10)

センター試験と聞けば

今年のセンター試験が終わりましたが、センター試練のニュースを聞けば長女の7年前を思い出します。

長女は女子高の通っていて、ボランティア活動に熱心な学校だった影響からか、看護大を目指していました。当時も就職氷河期と言われていて、高校に入学した頃から進路がなかなか決まらずにいる長女に、折に触れて、「医療系が就職には強いんじゃない」 、と私が口にしていた事も大いにあったと思います。

初めての子と言うことで、ずいぶん気負って育てたと思います。生まれてからは育児書が頼り。
「カン」が強くて、夜泣きがひどくて、一晩中だっこしてたり。
当時は、「抱き癖がつく」とか、「泣くのは肺が丈夫になる」とか「泣くのが赤ちゃんの仕事」だとか、保健婦さんもそのように言われていたので、抱くのを我慢してじーっと見つめてたり。今考えると変な母でした。
もっとも、次女が生まれると、泣いているのがうるさかったので、とりあえず抱っこでしが。
そんな風だったので、余計に神経を使ってた時期もあったし。
ああでなければ、こうでなければ..、と今にして思えばかわいそうだったかなぁ。と反省する事も多い..

そんな私の期待に応えたかったのか、近くの公立大を目指してセンター試験に元気よく行ったのですが。。 散々の出来だったようです。 手が届かないを判ったときの落ち込みはそれはかわいそうなもので、わが子ながら大丈夫か?という有様で。

浪人したいという娘は、参考書を整理して、しばらく積み上げてましたが、「やっぱ、もう勉強やだー」と、いくつか受けていた県外の私立大に入学を決めた時には、みんなで「バンザーイ!!」 でした。^^
小、中、高、と反抗期らしいものを感じることがなかったのは、長女という立場だったのか、育て方だったのか... 
受験生を抱える家庭なら、とこにでもあるだろう記憶ですが、娘に「あの時はよく頑張ったね」と、言ってやりたくなります。
親離れはとっくに済んだものの、子離れはなかなか難しいものですね。^^

c0188039_1453068.jpg
「追記」 です。
受験生をかかえてるお家も多いですよね。
我が家の周りにもたくさんおられます。 
「それぞれの進路が、納得できるものであれば、と想いをこめて..」.
[PR]
# by koko-ran | 2009-01-19 14:37 | むかしのこと | Comments(16)

去年の3連休は

先週末からぐっと冷え込んで、今朝は薄っすら雪が積もっていました。
連休間も小雪がちらついていたせいか、バーゲン目当てで出かけたショッピングセンターは、どこも駐車場がいっぱいでした。
私  「去年の今頃は旅行に行っとったよねぇ。」
主人 「そうじゃったかぁ?」 と、あまり気の無い返事。
やっぱ、女は思い出で生きている? (*ё_ё*)きゅん・
数年前から続いてる私の体調の悪さに加えて、2年前には主人が大怪我をしたり。マラソンで鍛えて健康には自信があったにもかかわらず、まさかの検査入院があったり。 本当にいろんな事が続きました。
それもひと段落した昨年は二人で一泊か二泊だけど旅行にせっせと出掛け...
去年の一月は、ここに。
c0188039_11125123.jpg

長崎県の島原半島にある 「雲仙普賢岳」
山肌には9年前の噴火で土石流を起こした跡があったのですが、見上げるお山はやっぱり綺麗なんです。自然って人の力の及ばないとこにあるんだなー。

2日めはここハウステンボス。♪
c0188039_11133271.jpg

冬に訪れたのは初めてだったんですが、園内はパンジーで埋め尽くされて、とっても綺麗でしたよー。
お目当ては夜の「光の街」なる、イルミネーション。でも~、とにかく寒くて寒くて<<
5時を過ぎるとテーマ館は閉まっていくし、食事はハウステンボスのすぐ近くのホテルの、「かに食べ放題付きバイキング」が待っていたので、時間をつぶすのも大変で。...
ライトが点くや否や、普段走ったこともない私も、ダッシュでホテルに帰りました。やっぱ、おじさんとおばさんには、イルミネーションは似合わなかったみたい。...(≧σ≦)しょっく!!

3日目は、佐世保の九十九島めぐり♪
一月というのに観光客はいっぱいで、大阪からのツアーと思われるおばちゃん達のパワーで、遊覧船の中はいっぱい!! あっと言う間に席取り合戦が始まって、完敗でした。(^○^)

クタクタになって帰るのですが...いつもと違う景色を見たり触れたりすると、ちょっとだけ大変だった事を忘れていくような、そんな気がします。=^-^=
[PR]
# by koko-ran | 2009-01-13 12:32 | 旅のこと | Comments(14)